Kindle Paperwhite を買いました

目次

  1. 1. まえおき
  2. 2. 転機
  3. 3. 端末購入について
  4. 4. 問題点
  5. 5. 2021/03/12追記
スポンサーリンク

どうもこんにちは。突然ですがちょっと前に Kindle Paperwhite を買いました。今日はそんな話です。

まえおき

WEBマンガもけっこう好きでいろいろ読んだりもしますが、そもそも僕は書籍は基本的に紙派です。

やっぱり書籍は紙がいいという感覚的なこだわりもありますが、以下のような理由もあります。

  • 紙のほうが目は疲れない(そうはいってもそれなりに疲れもしますが)
  • 索引等から目的のページにたどり着くのは紙のほうが楽(電子書籍もページ番号で飛んだりもできますが)
  • ふらっと立ち読みした本に思わぬ出会いがある

以上のような理由も含め、電子書籍にあまり触手が動いていませんでした。

転機

言わずもがな、自粛期間 がきっかけです。本屋が軒並み閉まっていて、本が欲しくても書店では購入ができない状態になった ということが最大の理由です。

コンビニで買える雑誌類はともかく、単行本、専門書の類は基本的に通販で買うしかなくなったんですよね。自社ビルを持つ書店であれば開いてもいたんですが、物流にも影響が出ていたため発売日に欲しい本がまだ入荷していなかったこともしばしば。

そんな折に気まぐれに Amazon で電子書籍版を買ってみたのですが、読んでみたら案外電子書籍も悪くなさそうと思えたことと、書店が営業していなくても問題ないこと、極めつけは 発売日に日付が変わった瞬間すぐ買えること に気が付き一気にハマりました。

端末購入について

Kindle は当初はパソコンや iPhone で読んでいたのですが、ちょっと目が疲れること、iPhone だと小さくて見づらいこと、バッテリを多少食うこと、により専用リーダーを買ってみよう、と思いました。

選んだのはこちら。

Amazon.co.jp: Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 広告つき 電子書籍リーダー: Kindleストア

とりあえず近所の家電量販店でちょっと安く売っていた、Kindle Paperwhite/8G/Wifi専用/広告つき を買いました。

まあ電子インクの液晶なので、タブレットやスマホに比べると操作時に昔の Android みたいなもっさり感はありますが、わりとすぐ慣れました。

それよりも、バックライトなしで部屋の明かりだけで見れる、見た目紙の質感と変わらない、Wifi さえ切っておけば1週間くらい充電がいらない、という点が非常に気に入りました。Kindle Paperwhite よりもうひとつ上位のモデルもあるんですが、解像度は一緒なのでこれで十分です。

問題点

基本的には気に入っているんですが強いて言うなら、8GBじゃぜんぜん容量が足りない という点くらいです。

小説だと1冊2MBくらいなんですが、マンガの単行本だと1冊で30~50MB前後あります。んで、もう 100冊 くらい買ったので、すでに残量が半分を切っています。

なのでマンガ目的の方は 迷わず32GBを買うことを強くお勧めします。
32GBというか、カスタム自体 Amazon の公式サイトでないとできないみたいなので、私みたいに家電量販店で買うと問答無用で8GBになります。ご注意ください。

さよなら。

2021/03/12追記

32GBに買い換えました。古いやつは売りました。2000円でした。最初から32GBを買うべきでしたわ\(^o^)/
あとWifiの規格が2.4GHzしか使えないのもどうにかならんものか。

https://www.amazon.co.jp/Kindle-Paperwhite-%E9%98%B2%E6%B0%B4%E6%A9%9F%E8%83%BD%E6%90%AD%E8%BC%89-WiFi-8GB-%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A4%E3%81%8D-%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC/dp/B07HCSQ48P

wifi 接続
802.11b、802.11g、または802.11n (bまたはgの互換モード) 標準規格を使用した、公共およびプライベートネットワークまたは無線LANスポット、パスワード認証によるWEP、WPAおよびWPA2セキュリティに対応

nは互換モードだから実質bgのみ対応ってことね。。。

スポンサーリンク